STORY

───透明な瞬間に、羽が舞った。
その姿に、どことなく懐かしい感覚を覚えた。


主人公、東雲陽翔は過去の影響から、

人と関わることを避けて生きていた。

「そのままのはるくんも、私は好きだよ?」

天真爛漫を絵に描いたような”幼馴染”、八坂琴音

「陽翔って、本当に相変わらずだよな。」
自由奔放な彼の”親友”、佐伯岳

唯一心が許せる2人と関わるだけの、

何も不自由のない日々を過ごしていた。

彼のクラスにはもう一人、

人と関わることを避けていた金髪碧眼の少女がいた。
お互い接点のない、ただのクラスメイトのはずだった。

あの日───もう1人の、”彼女”の姿を見るまでは。



───あの日の言葉の"意味"を。
───この世界に生きる"意味"を。


代わり映えのしない世界に、色が灯っていく。
そして気付くのは、確かな1つの感情。


これは、一人の少年の追憶と、これからの日々の物語。